メインイメージ

目の乾きことに良い事はありません

目の粘膜は常に一定の水分を必要としていて、粘膜は乾きに対しても敏感に反応します。もし周囲の環境が極端に乾燥しているのであれば、目の粘膜から周囲の環境に水分は移動していきます。それとは逆に湿気の多い所に居る時にもし目の粘膜が水分を必要としている状態ならばそちらに向かって水分は引き込まれていきます。通常目の粘膜の健康は適量な涙で保たれていますが、目の乾きや 痛み、 異物感などはそのバランスが崩れた時に起こる傾向にあります。もし目が不快に感じるのであればまず鏡を手に取って目の様子を観察してみましょう。見辛いずらい場合は角度を変えてすべての目の粘膜が観察できるように光の加減を調節していくとうい良いでしょう。目を注意して見てみると、ゴロゴロと感じていた正体が明らかになることが多々あります。した瞼 の内側深くに小さな虫が入っていただとか、透明な極細い繊維が張り付いていたために目に違和感を感じていたと発見はあるものです。

http://www.brescoucroisieres.com/?bre=2