メインイメージ

女性に多いトリコモナスという性病について

トリコモナスという性病は、トリコモナス原虫という小さな生物によって引き起こされます。
このトリコモナス原虫は粘膜上に感染するタイプですのでセックスによって感染が広がって行きます。
また、セックスだけでなく、トイレの便座やお風呂、タオルなどによって感染することがあることがわかっております。

トリコモナスの感染者数は日本国内で女性の5パーセントから10パーセント、男性の方の場合には1パーセントから2パーセントの感染率になっております。
また、トリコモナスという性病は、自覚症状がでないケースも多いので、感染者がどんどんと増えているのです。
女性が感染した場合には、尿道や膣、膀胱に炎症が起きるのと同時に、強いかゆみや痛みの症状が現れます。
また、尿道や膣の炎症によってセックスをする時やおしっこをする時などに嫌な感じがするケースがあります。
男性の場合には、ほとんどの方が自覚症状がありません。

トリコモナスを治療せずに放置してしますと炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産のリスクが高まりますので早い段階での治療が必要になります。
その為、早目に検査を行う事がポイントになるのですが、忙しい方などは性病検査キット 楽々確認術でも紹介されている検査キットもかなりおすすめです。

http://www.brescoucroisieres.com/